• 査定
  • 売却
  • 業者と契約

宣伝

宣伝

不動産を売却する場合、マンションでも一戸建てでも宣伝が必要となります。
その宣伝も業者が受け持つのが一般的であり、店舗の案内資料やネットで公開され、間取りや設備、立地条件などが紹介されるのです。これらを魅力的に見せるのも業者の腕の見せ所とされ、この技術が高い所ほど買い手がつきやすいと言われています。
Read more

修繕

老朽化

一戸建ての場合、長く住んでいると売却時に損傷や設備の老朽化が見られる事があります。そして、早くに契約が成立した場合は購入者がそれを発見することもあるのです。
その場合は不動産業者が修繕を受け持ち、後日顧客に請求するか、全て不動産業者側で処理されることとなります。後者の場合の方が顧客にはメリットが大きい為、業者を探すときはこうしたサービスを行っている所を探すべきともいえます。… Read more

情報

下見

不動産売却の場合、下見の時に物件を紹介する為に大家や所有者が同行するのが一般的です。一戸建ての場合は所有者が同行する事になる為、事前に住宅の情報をまとめておき、説明できるようにしておかなければなりません。
この説明するポイントなども、業者と相談して決めることができるので、契約時に話し合っておくことでスムーズに行う事ができます。
Read more

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー